お悔やみの言葉に対する返礼

お悔やみの言葉に対する返礼

弔電は、葬儀や通夜に参列できない場合に送られるものですが、ご会葬してくださった方々に対し、ご遺族の方は会葬礼状を出します。では、弔電(お悔やみの電報)だけを下さった方にはどうすればいいのか・・・。たとえ弔電だけだとしても、お悔やみを頂戴したことに対してのお礼状を出すのが正式なマナーです。 お悔やみの言葉に対する返礼には、以下のようなことを伝えるのが基本となります。

1. 忙しい中駆けつけてくれたことへの感謝とお礼の気持ち
2. 親しい方には、故人が亡くなったときの状況を話す
3. 故人との対面をお願いする
4. 生前のご厚誼に対するお礼の気持ち

なお、香典や供物をいただいたことに対しては、「ありがとう」ではなく「恐れ入ります」という言葉を使うようにしましょう。 弔電をいただいたことへのお礼の文例を以下にご紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

●お礼文例―弔電をいただいた場合1
「亡父の葬儀に際しましては ご丁寧な御弔電を賜りまして誠にありがとうございました  おかげさまで葬儀も滞りなく済ませることができました 父も安心していることと思います 茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに 今後も変わらぬ ご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます 略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます」

●お礼文例―弔電をいただいた場合2
「このたびは亡夫の葬儀に際しまして ご多忙中にもかかわらずご丁重な弔電を賜り厚く御礼申し上げます おかげさまで葬儀告別式は滞りなく済ませることができました 茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに 今後も変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます 早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが 略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます」

●お礼文例―香典、供物、供花を頂戴した場合
「このたびは 亡母○○儀 葬儀に際しまして ご多忙中にもかかわらずご鄭重なるご厚志を賜り心より厚くお礼申し上げます おかげさまで葬儀を滞りなく済ませることができました  茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに 今後も変わらぬ ご厚誼を賜りますよう何卒お願い申し上げます  略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶とさせていただきます」

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京23区内の家族葬

 

Calendar