無宗教葬の多様化を意図したクロスオーバー。

無宗教葬の多様化を意図したクロスオーバー。

無宗教葬とはいってもただ音楽を流しているだけではもったいないと思います。無宗教葬の新提案としてクロスオーバーの意識を無宗教葬に盛り込むべきだと思います。音楽はもともといろいろなジャンルと合わさってシナジー効果を発揮してきました。無宗教葬は今でこそ比較的一般的にはなってきましたが、まだまだ色々な可能性があると思います。無宗教葬で楽器の生演奏をすることは一般的ですが、他にもダンスや演劇なども良いのではないかと思います。ダンスでは音楽ジャンルによって様々なダンスがありますし、演劇なども歌と合わせることで歌劇になり無宗教葬とも関連のあるものになります。ただ、故人を偲んで物静かに葬儀をするのであれば普通の葬儀でいいでしょう。しかし、陽気な音楽や思い出の音楽で故人を明るく送りたいという方が増えれば、無宗教葬の多様化も求められるようになるでしょう。

無宗教葬を希望する場合の注意

本人が希望する場合は事前に家族に伝えておいたり直接葬儀会社に伝えておいた方が良いです。
生演奏を用意できるところもあるらしいですが、CDを決めたタイミングで流していただく方法が簡単なようです。
流す曲も静かなクラシックなどが多いようですが、故人の好きなロックやポップスであってもかまわないようです。
ただ、無宗教葬を希望する事で注意しなければならないのが最近の葬儀式場は音響不可な会場が多いようです。
騒音問題もあるのでしょうが、音響不可の葬儀式場ではCDすら流す事が出来ないようなので、無宗教葬を希望するのであれば葬儀を行う式場は制限がある事と事前に伝える必要がある事を覚えておいた方がいいですね。

葬儀について

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar