納骨・埋骨までの祀り方

納骨・埋骨までの祀り方

納骨・埋骨までの祀り方は、宗教や宗派によっても異なります。ここでは、その祀り方と納骨式までに準備すべきものを、仏式、神式、キリスト教式の場合でご紹介します。

●仏式の納骨・埋骨までの祀り方
火葬後、遺骨をご自宅に安置している間は、朝夕供養をしましょう。ご自宅での供養は、仏壇の前や床の間などに白い布を覆った小机を用意します。位牌は遺影の前に置き、線香とローソクなどを飾ります。いただいた菓子や果物、故人の好物などをお供えし、ご遺骨を安置します。お水は毎日取り替え、ご飯は小さめの茶わんに盛ってお供えします。故人が生前使用していたお茶わんは火葬の時に割ってしまいますので、子ども用サイズのお茶碗などを別途用意するようにしましょう。 納骨式に準備するものは、お花、マッチ、線香、ローソク、桶に入れた水(ひしやくを添える)などです。お水に関しては、都会の墓地ならば、ほとんどの場合、墓地のなかで桶やひしゃくと一緒に借りることができます。

●神式の納骨・埋骨までの祀り方
神式の場合、霊前に榊(さかき)とお花、ローソクなどを飾ります。その他には、洗米、塩、お神酒、果物、菓子などで、故人の好物も一緒にお供えしましょう。毎日の供養として、お水の他に小さな木皿にご飯を供えることもあります。 納骨式に準備するものは、神式の場合、玉串と神職者への謝礼の他、墓地の管理人や茶店の接待係などへの心づけも用意しておきましょう。また、埋葬許可証は納骨がすむと、納骨したお寺や墓地の管理人に預けるので忘れないようにして下さい。

●キリスト教式の納骨・埋骨までの祀り方
キリスト教式の場合、納骨・埋骨までは、ご遺骨の前にお花やローソクを飾りますが、お供物は特別な決まりはありません。 納骨式に準備するものは、キリスト教式の場合、献花と牧師や神父への謝礼の他、墓地の管理人や茶店の接待係などへの心づけも用意しておきましょう。また、埋葬許可証は納骨がすむと、納骨したお寺や墓地の管理人に預けるので忘れないようにして下さい。

■ 神奈川の葬儀
     

 

Calendar